[L104-HH04]
教職(選択):教職免許法施行規則第66条の6に定める科目
授 業 期 間 2021年度 通年 授 業 対 象 指定なし(M学部を除く) 金3
科  目  名
健康とスポーツ演習
(Health Sports Seminar )
科 目 責 任 者 阪田 俊輔 単  位  数 2単位
担  当  者 阪田 俊輔
授 業 の 目 的

身体不活動は死亡に対するリスク因子のトップ5に入り,そのリスクは肥満や喫煙に匹敵する.したがって,健康維持・
増進を図るためには生活の中に運動・スポーツを取り入れ,継続することも重要である.また,スポーツの実践を通し
て自身の身体状態を把握できるため,習慣的にスポーツを行う者は健康管理能力が高くなる.近年では労働現場におい
て健康管理と生産性の関係が注目され,積極的に健康投資を行う取り組む「健康経営」が推奨されている.自己の健康
管理能力は,社会で活躍するために併せ持つべき能力の1つといえよう.
本授業では,スポーツを介して生涯にわたって健康を維持するために必要な1スポーツの楽しさへの理解を促し,2幅
広いスポーツ種目での基本的なルールの習得と技能の向上を目的とする.また,3チームスポーツ種目の実践を通して
コミュニケーション能力を養うことも目的とする.

教 育 内 容

様々なスポーツ種目に取り組む.各スポーツ種目の基本的な技能とルールを教授し,ゲームを通してスポーツの楽しさ
を体験する.個々の技能向上を図るために,個人目標の設定と反省を行う.チーム戦を実施し,また,チームの課題に
ついて議論する機会を設ける等して,コミュニケーションを図れるような環境を提供する.

教 育 方 法

授業は原則対面で実施する.
対面形式では各スポーツ種目の1ルール説明と基本的な動作の練習,2ゲームの実践,および3チーム戦を実施する.チー
ム戦の前に個人の技能に関する目標を設定する.チーム戦後に自己評価と技能向上のための具体的な解決策をまとめ,
課題として提出する.

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:30 時間】
予習:実施するスポーツ種目の試合映像を確認する.基本的動作とルールといった該当種目に関わる知識を収集する.
復習:実施したスポーツ種目の基本的動作とルールを復習する.自身のパフォーマンスと,自身よりパフォーマンスが
優れた者の差異について考察する.

担当者 項目 授業内容
1 阪田
【対面】

ガイダンス

本授業の目的と概要や諸注意事項 , 成績評価方法等の説明を行う .

2 阪田

トレーニングルームの利用説明

トレーニングルームにて各種機器の使用方法やトレーンニングの方法について学ぶ .

3 阪田

軽運動、グループエンカウンター

ウォーミングアップやストレッチの説明、アイスブレイキングを兼ねた、 軽いゲームを行う ※実施する種目は、出席人数に対応する

4 阪田

フットサル・サッカー①

競技に慣れることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チーム練習、チーム対抗戦

5 阪田

フットサル・サッカー②

競技に慣れることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チーム練習、チーム対抗戦

6 阪田

フットサル・サッカー③

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チームミーティング、チーム練習、チーム対抗戦

7 阪田

フットサル・サッカー④

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チームミーティング、チーム練習、チーム対抗戦

8 阪田

フットサル・サッカー⑤

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チームミーティング、チーム練習、チーム対抗戦

9 阪田

硬式テニス①

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

10 阪田

硬式テニス②

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

11 阪田

遠隔課題1

スポーツの意義、スポーツが健康に及ぼす影響について学ぶ

12 阪田

遠隔課題2

スポーツの意義、スポーツが健康に及ぼす影響について学ぶ

13 阪田

硬式テニス⑤

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

14 阪田

種目選択

前期に実施した種目のうち一つを選択し、実施する

15 阪田

個別指導

必要に応じて、個別指導や質問に対応

16 阪田

軽運動、グループエンカウンター

ウォーミングアップやストレッチの説明、アイスブレイキングを兼ねた、軽いゲームを行う

17 阪田

卓球①

競技に慣れることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チーム練習、チーム対抗戦

18 阪田

卓球②

競技に慣れることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、チーム分け、チーム練習、チーム対抗戦

19 阪田

卓球③

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

20 阪田

卓球④

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

21 阪田

バドミントン①

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

22 阪田

バドミントン②

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

23 阪田

バドミントン③

チームでのコミュニケーションを目的とする

ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

24 阪田

バドミントン④

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

25 阪田

バレーボール・バスケットボール①

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム ※種目は、受講生の人数及び出席者の希望に対応する

26 阪田

バレーボール・バスケットボール②

競技になれることを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム ※種目は、受講生の人数及び出席者の希望に対応する

27 阪田

バレーボール・バスケットボール③

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

28 阪田

バレーボール・バスケットボール④

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

29 阪田

バレーボール・バスケットボール⑤

チームでのコミュニケーションを目的とする ストレッチ、ウォーミングアップ、基礎ルールの確認、基礎技能・動作の確認、ゲーム

30 阪田

総括・個別対応

授業の総括を行い、質問等に対応する

到 達 目 標

1)各運動・スポーツ種目の基本的な技能とルールを実践・説明できる.
2)種目に対する理解と技能の向上を図れる.
3)他者とコミュニケーションを取りながら協力してスポーツを実施できる.

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:なし    実施時期:

1積極的な授業態度(30%),2技能のレベル(10%),3個人の技能向上への取り組み(30%),4チームワークや他
者の技能向上への貢献度(30%)を総合して評価する.

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

様々な運動・スポーツ種目を扱います.生涯継続できるような運動・スポーツ種目を見つけることを意識して本授業に
臨んで下さい.

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
なし 0円