[L102-ME05]
授 業 期 間 2021年度 通年 授 業 対 象 指定なし(M学部を除く) 火2or木2
科  目  名
言語と文化A(フランス語)
(Language and Culture A(French))
科 目 責 任 者 真部 清孝 単  位  数 2単位
担  当  者 真部 清孝
授 業 の 目 的

初めてフランス語に接する学習者が対象です。
基本的な文法事項を学びながら、初歩的なフランス語の運用能力(フランス語検定5級レベル)を身につけることを目的とします。

教 育 内 容

文法事項を中心に学習しながら、日常生活のいろいろな場面におけるフランス語での表現を練習します。

教 育 方 法

教科書にしたがい、板書と聴覚メディア(CD)を活用しながら講義形式ですすめます。

課題(試験など)に対するフィードバック:次回の授業で解答について検討する。

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:60時間】

予習:教科書に目を通し、概要を把握しておくこと。

復習:授業内容をまとめ、文法的な重要事項や重要表現は暗記すること。

担当者 項目 授業内容
1 真部
【対面】

Introduction

フランス語の綴り字と発音の基礎

2

Unité 1

文法:名詞の性と数、不定冠詞
表現:目の前にあるものを語る

3

Unité 2

文法:定冠詞、前置詞
表現:目の前にあるものについて質問する

4

Unité 1, 2の復習と応用

Unité 1, 2で学習したことを応用したフランス語表現の練習

5

Unité 3

文法:主語人称代名詞、動詞être
表現:自己紹介する

6

Unité 4

文法:形容詞、副詞
表現:第三者について語る

7

Unité 3, 4の復習と応用

Unité 3, 4で学習したことを応用したフランス語表現の練習

8

Unité 5

文法:動詞avoir、否定形
表現:家族のことを語る

9

Unité 6

文法:-er動詞、縮約
表現:人物の外見について語る

10

Unité 5, 6の復習と応用

Unité 5, 6で学習したことを応用したフランス語表現の練習

11

Unité 7

文法:指示形容詞、強勢形
表現:値段を尋ねる

12

Unité 8

文法:所有形容詞、動詞aller
表現:人物を紹介する

13

Unité 7, 8の復習と応用

Unité 7, 8で学習したことを応用したフランス語表現の練習

14

まとめ

まとめ

15

個別指導

個別指導

16

Unité 9

文法:動詞venir、疑問形容詞
表現:カフェに誘う

17

Unité 10

文法:不規則動詞(prendre, faire)、部分冠詞
表現:飲み物について尋ねる

18

Unité 11

文法:複合過去(助動詞avoirの場合)、-ir動詞
表現:過去のことを語る(1)

19

Unité 10, 11の復習と応用

Unité 10, 11で学習したことを応用したフランス語表現の練習

20

Unité 12

文法:複合過去(助動詞êtreの場合)、不規則動詞(partir, savoir)
表現:過去のことを語る(2)

21

Unité 13

文法:直接目的の人称代名詞、不規則動詞(connaître, voir)
表現:好意を伝える

22

Unité 13, 14の復習と応用

Unité 13, 14で学習したことを応用したフランス語表現の練習

23

Unité 15

文法:文法:代名動詞、疑問代名詞
表現:生活習慣について語る

24

Unité 16

文法:非人称表現、命令形
表現:天気について話す

25

Unité 15, 16 の復習と応用

Unité 15, 16で学習したことを応用したフランス語表現の練習

26

Unité 17

文法:半過去、不規則動詞(vouloir, pouvoir)
表現:過去のことを語る(3)

27

Unité 18

文法:関係代名詞
表現:映画について語る

28

Unité 17, 18の復習と応用

Unité 17, 18で学習したことを応用したフランス語表現の練習

29

まとめ

まとめ

30

個別指導

個別指導

到 達 目 標

(1)フランス語の基本的な発音ができるようになる。
(2)英語及び日本語と比較して、フランス語の文法的特性の違いを説明できる。
(3)身近な事柄を簡単なフランス語で表現できる。

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:筆記試験    実施時期:試験期間外

平常点(40%)、定期試験(60%)。

平常点:日常的な講義に対する取り組み(講義での発言、提出された課題等)を評価します。

定期試験:文法事項の理解度、フランス語での表現力を評価します。

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

授業の予習よりも復習に重点を置いてやってください。

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
教科書

アベセデ フランセ(改訂版)

佐藤久美子・佐藤領時 白水社 2,415円